2015-8-12 ニキビ跡予防

二キビ跡と一言に言っても、その深刻さは結構異なっており

ちょっとした悩み程度のものから、人生このままずっと過ごすのか?と、かなり絶望感を感じる程度のものまであります。


特に深刻と思われるのが、クレーター型の二キビ跡で、かつボコボコ状態になっているものです。
本当に顔の中に月のクレーターがそのままあるのではないか?と思われる状態が広がっているという人もいて、
ここまで酷くなってしまった人は、本人も気付いていると思いますが、自力での改善は厳しいと思います。


自力のケアによって、多少は改善はできるかもしれませんが、それは本人が納得できるほどの結果にはならないと思います。
美容クリニックや皮膚科に通ったとしても、そこまでマシになるか?は正直分かりません。
元々、クレータータイプの二キビ跡は、色素沈着タイプと比べても治すのが難しいため、それがボコボコと言えるレベルになってしまうと
マシになってもまだ相変わらず目立つという状態が続くかもしれないのです。

ケミカルピーリング等を何度もやって改善していったとしても、ボコボコ度合いが和らぐ程度ではないでしょうか?

だからこそ、1番やってはいけないのは、ニキビの段階で潰したりしてクレーターを作ることです。
それを徹底していけば、深刻なレベルの1番最悪の事態は避けることができますから。

コメントは受け付けていません。