2015-8-16 未分類

ニキビって、男性と女性だとどちらが多く発症しているかご存じですか?

女性のほうが男性よりも発症率が高いという風にいわれています。
女性のニキビの原因は、ストレスのほかにホルモンバランスなど女性特有の原因がある場合が多いのです。

では男性だからといって、絶対にニキビにならない?とは言い切れません。

事実、思春期に入ってホルモン分泌が活発になり、皮脂過多になったことが原因でニキビに悩む男の子も増えるのです。

また最近では社会に出てからニキビが発症したという人も多く見受けられます。

女性の場合、美意識が時代とともに高まる傾向にあるため食生活などを見つめなおすきっかけも多いようです。
しかし男の人の場合、そこまで意識が高い人は少数派。
そのため発症してもニキビ跡が残ったり、なかなか治らないという声が多いようです。

ですが美意識だけが男の人のニキビを治りにくしているわけではないのです!

実は日常生活の何気ない行動が、実はニキビを悪化させたり、いつまでもニキビ跡が残る原因になっているんです。

心当たりのある方は、ぜひ以下の項目についてチェックしてみてください。

【アルコールをよく飲む】

社会人になって、上司や同僚などアルコールを飲む機会はぐんと増えていませんか?
多くの人が摂取量が圧倒的に増えていると思います。
実はこのアルコールが、憎っくきニキビの原因になっていることはご存知でしたか?


アルコールを過剰に摂取すると肝臓で消化しきれない毒素がたまり、肌にも影響を及ぼします。
さらにビタミンB群が必要以上に消費され、肌へと行き届かなくなります。
その結果、いつまでもニキビ跡が残ってよくならないのです。

さらにビールを飲む際にほしくなるのが、高カロリーフード。
から揚げやフライドポテトなどこうしたカロリーが高い食べ物と一緒に摂取することで
さらに肌状態を悪化させてしまいます。

【コーヒーも控えめに】

実はニキビ肌にはコーヒーといったカフェインが多く含まれる飲み物もおすすめできません。

朝起きて、出勤途中で、午後にオフィスで…といった具合に
飲む回数が多い方は、少し見直してみましょう。
ニキビ跡を治療中であればなおさらです。

【ニキビやニキビ跡をさわるクセ】

ニキビ肌を悪化させている原因の1つに、実は手で触る行為が挙げられるんです。
ついつい肌をさわってしまっている。
実は無意識に肌を触ってしまっているがために、悪化させている可能性もあるんです。

男性だからといってニキビが気にならないという人は少ないでしょう。

まずはこうした毎日の生活の中で悪化させている原因が思い当たるようであれば1つ1つなくしていくようにしましょう

コメントは受け付けていません。