ニキビがある程度治っても、今度は二キビ跡に苦しむ可能性があります。

二キビ跡は、クレーターや色素沈着として、長期間跡が残ってしまうケースもあり、中には自力での治癒が難しいケースもあるのです。
その場合には皮膚科に通ってみると、効果が期待できる可能性もあります。

二キビ跡は小さいもの、薄いものであれば、時間の経過とともに徐々に消えていくものです。
普通はいつの間にか気にならない程度に薄くなっていくのですが、そういうプロセスをとらない場合もあります。

そうなると、いつまで経っても二キビ跡が残ったままとなり、鏡を見るたびに嫌な気分になってしまうこともあります。

特に濃い色素沈着や凹凸のあるクレーターが見られる場合には、潔く皮膚科に通ったほうが良いかもしれません。

自分でどういう状況か?というのはある程度判断ができると思うのですが、
濃い色素沈着や酷いクレーターの場合は、専門的な治療を受けないと改善しない場合も十分ありえるからです。

皮膚科では、ケミカルピーリング、フォトフェイシャルなどの設備、機材が揃っているので、自分では無理だと感じた二キビ跡も、それによってマシになる可能性は十分あります。


完全に消すのは難しいかもしれませんけど、マシになることは可能だと思いますから、二キビ跡で悩んでいる方は、皮膚科の検討してみてるのもよいかと思います。

コメントは受け付けていません。