2015-8-16 ニキビ跡予防

ニキビが出来て、そのニキビのケアをキチンと行わなければ

ニキビ跡になって中々治らない状況に陥ってしまうことがあります。

ニキビ跡が出来る場所も顔のパーツで決まっている、という人は多いです。

しかし原因もあるようなので、その原因を取り除くことが出来れば、少しはニキビやニキビ跡を改善させることが出来るでしょう。


おでこに出来る場合には、シャンプーやコンディショナーが残ってしまっていることことがあります。

油分を含んでいるものなので、しっかりと洗い流さなければ、シャンプーやコンディショナーがおでこの毛穴に詰まってしまうことがあります。

鼻はファンデーションや紫外線の影響を受けることが多いです。

しっかりとしたクレンジングをしたり、紫外線対策をすることがニキビ予防につながります。


頬は便秘やホルモンバランスの乱れ、糖質や脂質の過剰摂取が原因となることがあります。

食生活の見直しが必要です。


口周りはビタミン不足や暴飲暴食が原因になることが多いのです。

ニキビやニキビ跡が出来る場所にはそれぞれの原因があるので、自分はどうなのかということをチェックした上で対策を考えておくと無理のないケアをすることが出来るようになってくるのです。

コメントは受け付けていません。