茶色い二キビ跡として肌に定着してしまう場合があります。

このタイプの二キビ跡は、ほとんどシミと同じような状況で、なかなか改善させるのが難しい場合があります。
そのため、なんとなくの治療やケアをしていても改善しないことも少なくありません。

茶色い二キビ跡というのは、肌を守るために作られるメラニン色素の量が多く、
それがターンオーバーによって、完全い消え去らない場合に、残ってしまったメラニン色素が茶色いシミのような跡を作るのです。

では、こうした茶色い二キビ跡を薄くしたり、消していくにはどうすれば良いのか?

まずは美容クリニック等に通ってもらって、適切な治療法を提示してもらうことが大切です。
特にレーザー治療ができるところであれば、こうした茶色い二キビ跡も薄くしていくことは十分可能だと思います。

レーザー治療というのは、色素沈着がある皮膚の細胞ごと破壊して、新しい皮膚を再生する際の手段としてとられるものですから、
茶色くなっている皮膚そのものが別の皮膚へと生まれ変わるため、効果はかなり期待できるのではないか?と思います

完全に消えるか?どうかはともかく、気になってしょうがないという人にとっては、試してみる価値はあると思います。

コメントは受け付けていません。